しつこくてうんざり×勧誘してこないサロンがいい!

22f077bcc3e1f81304d36441484866c1_s

脱毛しに行くたびに、しつこく勧誘をされるのが面倒で脱毛に行くのが億劫になってきた…という人もいるのではないでしょうか?勧誘してこないサロンがあれば事前に知っておきたい!と言う人は必見です。

 勧誘はエステサロンのビジネスモデル

エステサロンを運営していくためには、テナント代や施術を行うスタッフの人件費、脱毛器代など、さまざまな経費が必要です。

初めてエステサロンへ脱毛しに行く時は、格安キャンペーンのチラシやDM、広告などを見てどこにするか決めるという人もいるのではないでしょうか?おトクだし、ちょっと試すだけ…という軽い気持ちで行きやすい金額ですよね。

しかし、すべてのお客さんがこのような数百円のワキ脱毛を行うためだけに脱毛へ通っていたら、経営が成り立たなくなってしまいますよね。当然、安いキャンペーンをきっかけにして来店した客に対し、勧誘をして他の部位やもっと高いコースへの勧誘が始まります。

格安キャンペーンは勧誘のための“きっかけ”

格安キャンペーンはこうした勧誘をするための“きっかけ作り”に過ぎないのです。

「●●のエステは勧誘がなかった!」と言う方もいますが、言葉巧みに「勧誘されている」と感じさせずに美意識の高い客に刺激を与え、
より高いコースへ勧誘するのはエステサロンスタッフの常套手段と言えるでしょう。

 某大手脱毛サロン社長が証言!ワキ脱毛のみの客は全体の30%

ill

某大手エステサロンの社長は自身の著書で「ワキ脱毛のみの顧客は全体の30%」と答えています。
つまり、70%の顧客はワキだけではなく他の部位も契約しているということです。

ワキだけ脱毛しよう!とエステサロンで安い脱毛をお考えの方は、このキャンペーンに乗ってエステサロンの勧誘のチャンスの場へ行っていると考えてもいいかもしれません。

「自分は断れないタイプだ」という人は気を付けて!
特に最初の契約の時に勧誘される人が多いみたい。
不安な人は友達か両親に一緒に来てもらった方がいいかも!


過度な勧誘は特定商取締法違反です!

logo

迷惑勧誘でTBCが是正勧告を受ける (2014/1/31)

関東経済産業局は、エステティック施術の特定継続的役務提供を行って いたTBCグループ株式会社に対し、本日、特定商取引法第46条の規定 に基づき、違反行為の是正を指示しました。

迷惑勧誘(特定商取引法第46条第3号、同法施行規則第39条第1号)
同社は、エステティック施術の体験目的で来店した消費者に対し、複数の従業員が入れ替わり立ち替わり勧誘を行い、また、4時間以上の長時間にわたり執拗な勧誘を行うなど、消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を行っていた。

過度な勧誘は違法で是正勧告の対象にもなります。

クリニックでは一切勧誘がない!

logo_law

医療機関の開設は医療法により、営利目的ではないことが条件とされています。

営利目的での営業をした場合、法律を違反することになります。
そのような医療機関において、勧誘行為は絶対にあってはいけないこと。派手な広告宣伝やCMなどがされないのもそのためです。

この点からしても、医療クリニックでの脱毛は安心して受けられますね。

結論

サロンでの勧誘は、ビジネスモデル上あって当然。脱毛に行くなら勧誘されることを覚悟した方が良い。

勧誘のないサロンを探すのは難しいと言えます。
店舗によってはあまりしつこくないエステもあるかもしれませんが、ビジネスモデル上、勧誘しざるを得ない場合がほとんどと言えるでしょう。

しつこくてうんざり×勧誘してこないサロンがいい!
3ヵ月先まで埋まってる!?脱毛エステで予約が取れないのはどうして?
しつこくてうんざり×勧誘してこないサロンがいい!
エステ脱毛は違法ってホント?